自民党熊本県連が行いました衆議院熊本一区の候補者公募に17名の応募者がありましたが、最終審査にて木原稔さん(35才)が選ばれました。
11日付けで熊本県第一選挙区支部長に就任し、12日(木)県連会館にて、記者会見が行われました。
木原稔新支部長には、政治を志した理由や、主な政策などについて質問がなされましたが、福祉政策(障害者対策の後れ)や教育問題 に取り組みたいと強く訴えました。
具体的には、これから党とも打ち合わせながらしっかりとした政策をうちたて、来たる衆議院議員選挙に備えたいとのことです。

会見の様子・本人写真