私が一貫して取り組んでいる
6のライフワークです。

熊 本 港

海の玄関口として人と物の交流、物流の拠点として、県民がふれあう場所や、商業施設等の有地を図るとともに、災害等にも強い避難港としての港の実現に取り組みます。

農林水産業

農業者の減少と高齢化の進行の中、地域の特性を生かし効率的かつ安定的な農業経営の確率に向けて担い手を育成確保に積極的に取り組み、経営の近代化発展のための農業経営の法人化、集落営農の確率を図ります。

国際、プロスポーツ等の有地

スポーツを通じてたくさんの人が触れ合い、国際交流の拡大につなげ、プロスポーツ等の開催、有地を増やし、地域との交流を計り、県民や、子供たちが観る環境整備を整え、熊本県のスポーツの振興、発展へとつなげます。

教育・福祉

子供たちが健やかに育つよう社会全体の実現を目指し「子育てをするなら熊本で」と言われるような子育てに取り組み、高齢者の方々がより良い安心して暮らせるための環境や、住宅サービスと支援体制の充実や介護予防施策等に重点的に取り組みます。

環境

家族、地域、学校、行政のそれぞれが相互に連携を図りながら総合的、体系的な環境教育を推進し、熊本の豊かな水資源の確保と、熊本の有明海の環境の整備、水産資源の確保にも力をいれていきます。

交通整備

熊本豪雨により寸断された道路や鉄道の復旧、復興。大分、宮崎を結ぶ中九州横断道路、九州中央自動車道の早期全線開通を目指し県内に交流、物流の拡大を拡げ、都市圏では人口や商業施設の多い地域での渋滞、混雑リスクのない道づくりを考えます。

CONTACT

日常の暮らしの中で生まれる意見・意向や地域の声を幅広くお聞きし、実現へ向けて努力し、 「対話のある開かれた県政」を目指して邁進します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

3 + 2 = ?